交流事業 その1

「はちけん・ほのぼのサロン」 5/6 6/10 7/1

八軒中央地区福祉のまち推進協議会と「はちけん」が協同開催する25年度の新しい交流事業。5月から毎月第1月曜日に、普段「自習コーナー」として使っている階段下のスペースがサロン会場となります。主に地域にすむ高齢者が対象としていますが、出入り自由の形を取り、子どもから大人まで来館する全ての人達に自由に参加して貰う形での運営を考えています。参加者数は5月-39名、6月-78名、7月-52名と順調。このサロンに合わせて福祉作業所に声をかけてクッキー等を焼いて販売するコーナーも設けていますが、回を重ねる度に人気が出て、売れ行きが伸び、作業所にも喜ばれています。

clip_image002 

開催時間から参加者は中高年の女性が中心ですが、時には子ども達が一緒に座り、お年寄りからお菓子を貰ったり、自習コーナーの閉鎖を知らずに来た学生が、サロンの隅で遠慮がちに勉強を始め、参加者の男性と会話を始める、などの光景も見られています。

, 2013年8月4日. コメントはまだありません. Category: 交流事業.

About hachikenblog

地域のみなさんとともに、よりよい地域づくりをめざします。 ■ はちけん地区センターは障がいや世代をこえた交流、地域の人たちの仲間づくりのお手伝いをします。 ■ 地域の担い手を育てる文化・学習活動のお手伝いをします。 ■地域の人の力を地域づくりに活かし地域のネットワークの拠点として活動します。 主人公はみなさんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>